[ツリー表示に戻る]
記事No.9を表示します。
  ☆平成8年定住通達 投稿者入管取次行政書士 島田雍士  HomePage  
平成8年7月30日付け法務省入国管理局【定住通達】

日本人の実子を扶養する外国人親の取扱について

1 現行取扱い及び本通達発出の背景

 日本人の実子を扶養する外国人親については、法務大臣が諸般の事情を考慮して「定住者」と認めることが相当と判断したときには、ケースバイケースで当該外国人親の在留を認めてきたところ、最近、この種の事案が増加し、統一的な取扱いを定める必要性が生じていた。

2 趣旨及び目的

 日本人の実子としての身分を有する未成年者が、我が国で安定した生活を営むことができるようにするため、その扶養者たる外国人親の在留についても、なお一層の配慮が必要であるとの観点から、入国在留審査の取扱いを定めたものである。

3 今後の取扱い

(1)日本人の実子を扶養する外国人親の在留資格について                     
 未成年かつ未婚の実子を扶養するため本邦在留を希望する外国人親については、その親子関係、当該外国人が当該実子の親権者であること、現に当該実子を養育、監護していることが確認できれば、「定住者」(1年)への在留資格の変更を許可する。
 なお、日本人の実子とは、嫡出、非嫡出を問わず、子の出生時点においてその父または母が日本国籍を有しているものをいう。実子の日本国籍の有無は問わないが、日本人父から認知されていることが必要である。
(2)在留資格変更後の在留期間更新の取扱い
 実子が未だ養育、監護者を必要とする時期において、在留期間の更新申請時に実子の養育、監護の事実が認められない場合は、原則として同更新を許可しない。
(3)提出書類
(ア)身分関係を証明する資料
(イ)親権を行うものであることを証する書類
(ウ)日本人実子の養育状況に関する書類
(エ)扶養者の職業および収入に関する書類
(オ)本邦に居住する身元保証人の身元保証書

-------------------------------

外国人母が「短期滞在」「興行」等の在留資格の場合であっても、「定住者」への在留資格の変更を認める。
また、不法滞在であっても、在留特別許可により「定住者」の在留資格を与える。
ただし、認定案件としては不可。
子が、外国籍の場合には「日本人の配偶者等」への変更、もしくは在特を認める。
 ※不倫案件には注意を要する。

子は、
 ・日本国籍を有しない非嫡出子の場合、日本人父の認知があること(任意認知、裁判上の認知、死後認知、いずれも可)
 ・外国人母に親権があること。
 ・現実にその子を養育していること。
 ・日本国籍でも外国籍でも良い。
 ・嫡出子でも非嫡出子でも良い。
[Host : i222-150-226-111.s02.a008.ap.plala.or.jp]   ... 2004/08/28(Sat) 21:57 No.9  


**********
おなまえ
(サイトオーナー以外の書込みはできません)
Eメール   非公開
題  名  
コメント
URL
削除キー   トップソート:
題名の色
本文の色