お問い合わせ掲示板(4)
[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [管理用]

タイトル Re: 上陸特別許可の件
投稿日: 2009/02/15(Sun) 09:36
投稿者島田雍士
参照先http://yshimada.com

2008年2月25日、退去強制。
婚姻はその前、ということになりますね。
私どもの認識ですと、来日できる時期は2010年3月ころ以降ということになります。
若干気になるのは、日本での駆け込み婚ということなので婚姻形式のことです。
中国で結婚公証書は取れるのですか?
日本での同居歴はプラス要因ですが、現在の基準を左右するほどの要素ではないような感じを受けています。
ご夫婦間にご実子はないということですね。
以上、未確定要素はありますが、
@2回目の申請→実子なしの条件で、2010年より前に申請して許可される可能性はほぼゼロと見ます。ただし、無駄ではありません。1回目2回目の不許可が、許可されるときの肥やしになると考えています。「本気ですよ」という気持ちを示し、婚姻信憑性を高めるという意味です。
1回目の不交付の不交付理由は聞きに行ってください。
本心は、理由を聞くのではなくて、懇願と誠意を見せるためです。
怒ったり抗議したり、そういう態度はご法度ですが。
A確かに、長期(永久)拒否案件では、相手方本国で数年単位を暮らしたことが功を奏したらしいという報告は耳にします。
逆に、日本国籍ではなくて永住者なので、長期の帰国は再来日の放棄ではないか?と取られるような気がします。まあ、申請のしばらく前に再来日すればよいのでしょうけれど。
それと、仕事・経済的安定性の喪失というマイナス点。
明言はできないのですが、時々渡航を繰り返す、というほうが良いような気もします。
B上記Aの点はあるのですが、審査それそのものは、日本人でも永住者でも同じらしい、というのが経験則になっています。


- 関連一覧ツリー (▼ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ
Eメール
タイトル
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
参照先
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
  プレビュー

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No 暗証キー