[リストへもどる]
一括表示
タイトル配偶者の連れ子のビザ
記事No1558
投稿日: 2009/02/24(Tue) 09:09
投稿者マナーオ
タイ人男性と結婚しております、マナーオと申します。
彼には今年の8月で17歳になる現在こうこう1年生の娘がタイに居ります。
娘が高校卒業後、日本に呼び寄せたいと考えておりますが、
18歳を超えるとビザの取得は難しくなると聞いて、
早期にビザを取得しようと考えております。
彼は、日本の入管で申請ができると考えており、タイから書類も翻訳して入手しました。
私は、入管のホームページを見る限りは、まずはタイの日本大使館で短期ビザを入手後、
日本へ来るのが第1であって、その次に入管へ出向き申請をする、という手順なのでは?
と考えられました。そうでない限り、入管では申請自体受け付けてもらえないのではないか、
と考えております。
このような状況で娘のビザを取得するには、どちらが正しいのでしょうか?

タイトルRe: 配偶者の連れ子のビザ
記事No1559
投稿日: 2009/02/24(Tue) 09:51
投稿者島田雍士
参照先http://yshimada.com
ご主人の在留資格を日本人の配偶者等もしくは永住者とします。

@日本の入管で申請ができると考えており、タイから書類も翻訳して入手しました。
Aタイの日本大使館で短期ビザを入手後、日本へ来るのが第1であって、その次に入管へ出向き申請をする

@に従い、定住者の在留資格認定証明書交付申請を管轄入管に提出してください。
これが原則です。
Aにより、短期査証で来日後、定住者への在留資格変更許可申請をすることも可能ですが、条文上「やむを得ない特別事情」を求められており、例外的措置です(といっても配偶者や連れ子には甘いと思いますが)。
それが、「入管のホームページを見る限りは」というのはちょっとおかしい感じですね。入管が勧める方法ではないはずです。大使館にそんなこと喋ったら「駄目」、と言われてしまいますよ。

@で入管から在留資格認定証明書が発行されたら、それに基づき、大使館で定住者としての査証を得て、来日してください。
年齢的にぎりぎりなので、早めに申請してください。

タイトルRe^2: 配偶者の連れ子のビザ
記事No1561
投稿日: 2009/02/24(Tue) 15:03
投稿者マナーオ
ご返信ありがとうございます。
早速、入管の書類を入手し、タイからの書類も確認します。
またわからないことが出てきたらお問い合わせするかもしれません。
ありがとうございます。

タイトルRe^3: 配偶者の連れ子のビザ
記事No1562
投稿日: 2009/02/24(Tue) 15:45
投稿者島田雍士
参照先http://yshimada.com
http://www.moj.go.jp/ONLINE/IMMIGRATION/16-1.html
上記から在留資格認定証明書交付申請書、身元保証書をダウンロードしてお使いください。
http://yshimada.com/images/07.11mibun.pdf
当サイトに提出書類一覧があります。15−16ページの定住者Cをご参照ください。