[リストへもどる]
一括表示
タイトル上陸特別許可の件
記事No1533
投稿日: 2009/02/14(Sat) 21:52
投稿者ちょう   <cho0526@hotmail.com>
島田先生へ
はじめまして、私は在日中国人の28歳の女性です。14歳頃に両親と共に来日し、現在は永住権を持っています。私は上陸特別許可について伺いしたいです。お手数ですが、時間がある時にご意見を頂ければ助かります。

私の夫も中国人で20歳の時に留学で来日して、その後就職して在留資格は人文、知識ビザ(3年)です。しかし就職会社の経営は厳しくなって、彼は退職してそのまま水道工事のアルバイトし始めました。そのアルバイト最中で入管より摘発し、彼は資格外活動違反で収容されました。収容されている最中に私たちは駆込みで結婚し(付き合って7年目、同居歴あり)、在特を申請したものの不許可になり、2008年2月25日中国へ強制送還されました。(裁判はなし)そして2008年中は彼に会うため4回中国へ行きました。2008年11月26日、私は自力で初回の上特申請を東京入管へ提出しました(書類全枚数は211枚のうち上申書は13ページ)つい先日2009年2月11日に不交付の通知が届きました。二ヶ月半ほどの審査でした。。。心の準備したものの、それでも想像以上にショックを隠せなかった。。。
本当に彼を一日も早く日本へ戻ってこれるよう、夫婦として普通な生活したいです。もちろん私たちの無知から法律を違反したので、この事実は私たち夫婦をちゃんと受け止めています。心から強く反省しています。以上は上特した経緯です。

2点ほど質問したいです。
@2回目の申請はどのくらい置いてから申請したほうがよろしいでしょうか。2回目の許可は可能性 としてどのくらいありますか?
A審査の利点として私は中国へ帰って何か月間彼と一緒に生活したほうがいいですか?(もし帰る なら、日本での仕事をやめないといけないので、日本での生活基盤、経済状況について入管が突 っ込まれるか心配です)
B私は永住者なので、日本人に比べれば審査は不利ですか?

大変お手数ですが、ご回答のほどよろしくお願いいたします。

タイトルRe: 上陸特別許可の件
記事No1536
投稿日: 2009/02/15(Sun) 09:36
投稿者島田雍士
参照先http://yshimada.com
2008年2月25日、退去強制。
婚姻はその前、ということになりますね。
私どもの認識ですと、来日できる時期は2010年3月ころ以降ということになります。
若干気になるのは、日本での駆け込み婚ということなので婚姻形式のことです。
中国で結婚公証書は取れるのですか?
日本での同居歴はプラス要因ですが、現在の基準を左右するほどの要素ではないような感じを受けています。
ご夫婦間にご実子はないということですね。
以上、未確定要素はありますが、
@2回目の申請→実子なしの条件で、2010年より前に申請して許可される可能性はほぼゼロと見ます。ただし、無駄ではありません。1回目2回目の不許可が、許可されるときの肥やしになると考えています。「本気ですよ」という気持ちを示し、婚姻信憑性を高めるという意味です。
1回目の不交付の不交付理由は聞きに行ってください。
本心は、理由を聞くのではなくて、懇願と誠意を見せるためです。
怒ったり抗議したり、そういう態度はご法度ですが。
A確かに、長期(永久)拒否案件では、相手方本国で数年単位を暮らしたことが功を奏したらしいという報告は耳にします。
逆に、日本国籍ではなくて永住者なので、長期の帰国は再来日の放棄ではないか?と取られるような気がします。まあ、申請のしばらく前に再来日すればよいのでしょうけれど。
それと、仕事・経済的安定性の喪失というマイナス点。
明言はできないのですが、時々渡航を繰り返す、というほうが良いような気もします。
B上記Aの点はあるのですが、審査それそのものは、日本人でも永住者でも同じらしい、というのが経験則になっています。

タイトルRe^2: 上陸特別許可の件
記事No1537
投稿日: 2009/02/15(Sun) 16:06
投稿者ちょう   <cho0526@hotmail.com>
島田先生

ご丁寧に回答をいただき、ありがとうございます!!

Q、中国で結婚公証書は取れるのですか?
A、夫が収容中に私が専門家に依頼して中国大使館で彼の婚姻具備証明書を出していただいて、そ  れらを持って区役所で婚姻届を出し、受理してもらいました。

Q,ご夫婦間にご実子はないということですね。
A,はい、そうです。ございまぜん。

2回目の申請タイミングですが、私は来月の3月末頃に再提出しようかなぁと思っていますが、先生はどう思いますか?

タイトルRe^3: 上陸特別許可の件
記事No1539
投稿日: 2009/02/16(Mon) 07:55
投稿者島田雍士
参照先http://yshimada.com
> Q、中国で結婚公証書は取れるのですか?
> A、夫が収容中に私が専門家に依頼して中国大使館で彼の婚姻具備証明書を出していただいて、それらを持って区役所で婚姻届を出し、受理してもらいました。

おっしゃっているのは日本の区役所の婚姻届受理証明書です。
収容案件の在留特別許可ではそれで足りてしまうのですが(時間的に間に合わないから)、それ以外の案件では本国の婚姻証明書を添付するのが通例です。
中国では未婚になったままではないのですか。
一般論で申し上げて(一般論というのは各国共通のことという意味です)、本国で未婚だと重婚が可能なのでまずいでしょう。
戸口簿の婚姻状況欄を既婚にしてもらうなどの方法があるようです。中国では婚姻報告という概念がないらしく、法改正も予定されているようで、日本の実務家も苦心しているところです。
日中婚では、日本で離婚届を出して帰国し、中国で結婚登記をする、という方法も耳にしたことがありますが、ちょっとお勧めできないですね。
この項目については、確定回答は留保しておきます。

> 2回目の申請タイミングですが、私は来月の3月末頃に再提出しようかなぁと思っていますが、先生はどう思いますか?

上記本国での婚姻状態についてクリアできれば、申請時期は来年3月(もう少し前でも)で良いと思います。